2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2018年7月 | トップページ | 2021年10月 »

2019年9月

2019年9月12日 (木)

私は大人の本が読めない (Twitterからの転載その2)

Twitterで書いていた長文の転載です。2019年6月11日の投稿です。


私は大人の本が読めない


実は今まで人に言ったことがないんですけど、私は大人向けの一般書、特に古典的な名作小説をほとんど読んだことがありません。最初の1~2ページでほとんどメゲる…というか、頭で情景が簡単に思い描けない本は読み進められないみたいなんです。

いや、今なら大人向きのエンタメ系小説ならなんとか読めてるんですけど、子供の頃は児童書でも、自分の学年より年上向けのものは、とても読みづらくて、あんまり読書が好きではなかった。

子供向けの本なら読めるようになったのは、父親が「これを読みなさい」とかいう前に、本を買ってさりげなく置いてくれたり、教師だったので(ほんまはアカンけど)勤め先の図書室から毎週本を借りてきてくれたのがきっかけ。

最初に好きになったのは、ナルニアとかムーミンとか、挿絵がきれいで文章からも情景が思い浮かぶような物語。でもファンタジーでも「トムは真夜中の庭で」は最初渡された時には、なんだかとっつきにくくて読み進めることができませんでした。

ほかにも「シェパートン大佐の時計」や「砂」とか、翻訳物のリアリズム系は小学校高学年ぐらいまでは苦手でした。背伸びして大人の本を読むなんてことも、いわずもがな無理でした。

苦手だった翻訳児童文学が好きになったのは、父がもう一度「トムは真夜中の庭で」を借りて来てくれたときからです。最初読んだときには難しいと感じていた文章が、なんとなく「読める!」と感じて読み進めるうちに、お話に夢中になっていました。

今もそうなんですけど、私実際には本の文章を全て理解して読んでるわけではないようなのです。「トムは~」を初めて読み進められたとき、結構読み飛ばしていたし、ストーリーが進むポイントだけを抽出して読んでいたようです。

たぶんそれは今でも同じで、その後「指輪物語」とか長くて難解な本も読んではいましたが、どれも全文読んでるわけではなく、情景描写や動きのあるシーン、ストーリーの肝になる所……そういう箇所だけを抜き出して読んでいたっぽいです。

一字一句ていねいに、読みながら意味をよ~く考えて……みたいな読み方をしようとすると、しんどくて読み切れないのです。全然文章が読めないわけじゃないので学習障害や発達障害ではないのでしょうけれど、このことはずっと「自分って作家としてどやねん?」と自問自答するコンプレックスになっています。

マンガでさえページをパッと見て一瞬で情景がわからなかったり文章が多かったりすると「読むの大変やな~」って感じになります。

たぶん、このことが原因で、児童文学を勉強するときに主流になっている「合評」というものが自分は苦手なんだと思います。ていねいに、一字一句の意味を読みこむことができないから。「おぉ、このお話の展開おもしろい!」とか「このキャラってかっこいい!」とか思うだけで、作者さんが欲しているだろう「問題点の指摘」とかが全然できないんです。

そして、自分が書くものも、自然に書くと小学校高学年ぐらいの語彙を使った文章になるし、書いている内容も、キャラクター同士の会話や出来事や情景の描写がほとんどで、自分が書いていて楽しいことしか書いてません。プロやったらそれだけじゃあかんやろ、とは思うのですが、人間の心の深層とか社会の問題とか、自分には書ける気がしないし、書こうとしても上手くいく気がしません。

長々と何を書いてんのや…と自分でも思いますが(汗)、私にとって頭の中で映像としてキャラクターが動いてくれてお話を考えるのはむっちゃ楽しい事なんですが、それを文章にするのはものすごい苦行です。だから精神的にしんどいときには「書きたくない~」という気分になることもあります。でも、お話を生み出すこと自体が嫌なのではないのです。

ほんと、延々と頭の中だけで自分の考えたお話映像の上映会ができるなら幸せなんですが、それでは生きていけないので、がんばって文章をひねり出します(笑)

2019年9月11日 (水)

Twitterから転載します。

全然ブログの更新ができてなくてすみません。

最近はTwitterの方で、予定やいろいろな事を呟いています。

ただ、Twitterで長文を画像形式でUPした場合、文字読み取りソフトで読み上げ出来ないと聞きましたので、当該記事をこちらのブログに転載しようと思います。2019年5月26日の記事です。


Aさんへ

ひさしぶりのお手紙、ほんとうにありがとうございました!

最初、「お手紙のやりとりがあったのは15年ほど前」で、「今は働いていてもうすぐ30歳」……と書いてあったので「誰だろう? 15年も前って…?」と首を傾げていたのですが、最後に書かれたお名前を見て「あぁっ、あのAさん!?」と驚きました。だって、お手紙もらったのがほんの数年前だったようにしか思えなくて、もう大人になられていたなんて信じられなかったんです。ほんとに昨日の事のようで…。

希望どおりの仕事に就かれ、新たな生活も落ち着かれた時に私と私の本のことを思い出してくださったこと、そしてまた昔のように素直な気持ちを伝えてくれるお手紙をくださったこと、本当にうれしく思っています。

気に入ってくださっていた『森へようこそ』は、デビュー直後の勢いが薄れ、いろいろ行き詰まっていた頃になんとか気力を振り絞って書き上げたお話でした。

新たな作風やテーマも扱っていて、本にはなったものの自信がなかったところに、ファンレターをいただいて、正直言って助けられたのは私の方でした。ですから、Aさんがつらかった頃、『森へようこそ』や私からの手紙が少しでも支えになっていたのなら、これ以上うれしいことはありません。私たちは支え合っていたんですね。

私はずっと自分の本は、あまり読書の得意ではない子が「マンガ以外で初めて読んだ本」だったり「初めて自分で選んで買った本」みたいな、firstbookになれたらいい、とだけ思っていました。誰かの人生を変えたり支えたりするような中身の濃い本を書くのは自分には無理だと思っていて、でも、大人になった時に「タイトルは忘れたけど面白い本があったよなぁ」って思い出してもらえれば充分だとそう思っていたのです。

でもこうして、タイトルや作者の名前まで15年経っても思い出してくださる読者さんがいらっしゃったし、読者さんの人生のひと時を支える助けになれたことは、児童書作家になって本当に良かったと、心から思えました。

今、家庭の事情でつらくて挫けそうな自分にとって、なにより大きな助けになりました。

Aさん、本当にありがとうございました。

Aさんも、お元気でお仕事がんばってくださいね。
遠くからですが、今も応援しています!

風野  潮

« 2018年7月 | トップページ | 2021年10月 »