2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 久しぶりに救急車に乗りました(付き添いです(^_^;) | トップページ | サイン会(&読書マラソン表彰式)のお知らせ »

2016年7月 7日 (木)

夢がひとつ消えて…そしてもう一度進みます

ずっとファンだったバンド「ZABADAK」の吉良知彦さんが亡くなられたことをtwittterで知りました。

ついこの間まで、ご本人がツイートされていたのを見ていましたので、いまだに信じられない気持ちです。

ZABADAKの音楽に、もし出会えていなければ、小説を書き続けることもなければ、本を出すこともきっとなかったと思っています。

『ビート・キッズ』など音楽物を書き始めるまで、ずっとファンタジーばかり書いていた頃、いつも聴いていたのがZABADAKでした。『エリアの魔剣』のテーマソングはこれ、と勝手に決めていたりしました。
「夜毎、神話がたどりつくところ」

現在打ち切り状態だけど、絶対いつか書き終えたいと思っている『アクエルタルハ』も、ZABADAKのインストロメンタル・アルバムを聴きながら書き始めた物語でした。
http://tidido.com/a35184372198209/al5432a7b4196dee63468d4b39/t5433ed5f196dee9e148f3ad3

深い森、道なき道をひたすら歩く男と少年と少女、そびえ立つピラミッド、湖の底に沈む神殿……全ての光景が音の中から浮かび上がって来ました。特に、Kimellaと光の王国に出会えていなかったら『アクエルタルハ』を思いつくことはなかったと思います。

受賞したのはファンタジーではなかったけれど、同人活動を始めてからなんとか小説の形になる作品が出来るまでの間、ZABADAKの音楽がなかったら、きっと書き続けることはできなかったと思います。しばらく離れていた時期もあったけど、去年また新譜も買って、またライブにも、と思ってたのに…

一方的にフォローしていただけで、こちらのことを認識していただいてはいませんでしたが、それでも「大好きです」と「ありがとう」と一度でも意思表示しておけばよかったと、本当に後悔しています。

あり得ない話ですが、『アクエルタルハ』『エリアの魔剣』『歌う樹の星』等ファンタジー作品がもしアニメ化されたら、音楽はZABADAKにお願いする…とりあえずお願いだけはしてみるんだ…って勝手に決めていました。まずあり得ない話ですけどね…。

たぶん25年くらい前の同人誌時代からずっとそう思っていました。当時はただの妄想で絶対叶うわけない夢だったけど、曲がりなりにもプロになれて、もしかしたら…って時々思いながら、限りなく目標に近い夢として、ずっと思い続けて来たので。もう絶対叶わないって、ちょっと、いや、かなりつらいです……

実は内心「もう無理かも」と思いかけていた『アクエルタルハ』を完結させること…もう一度、あのアルバムを聴きながら、がんばってみようと思います。

それと、この曲にも、これからもずっと背中を押されることと思います。
休まない翼

« 久しぶりに救急車に乗りました(付き添いです(^_^;) | トップページ | サイン会(&読書マラソン表彰式)のお知らせ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

聴かせていただきました。知らなかったです! 純粋にひたむきに理想に向かって進む心が詩にもメロディにも表現されていて、感動しました。

森くまさん、コメントありがとうございます。
同年代のアーティストさんだったので、私なんかがとりたてて好きだ好きだとアピールしなくても、これからもずっと素敵な音楽を作り続けてくださるものだとばかり、思い込んでいました。
今となっては、ファンでした、大好きでした、ありがとう…など、もっと早くご本人に伝えておけばよかった…と後悔しかありません…。

風野先生、今晩は。
二度目にお邪魔致します。

お好きでした音楽ユニットのメンバーのお方が逝去されたのですね……五十六歳、早すぎます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

自身の事で大変おこがましいのですが、私が中学生の頃から大好きでした氷室京介さんが今年五月のツアーを最後にライブ活動を休止されました。自分がもっと若い頃に観に、聴きに行っていれば…、とも思うのですが、三十代を目前にパニック障害に罹ってしまいましたので結局果たせずに終わりました。
ライブには一度も行かれませんでしたが、彼達(BOOWY時代も含めますので)の音楽には今後もずっと、励まされてゆく事と思います。『破れた翼で もう一度飛ぶのさ』という歌詞があるのですが、何度救われたか判りません……。

どなたかが、「現代人は事故、災害等と常に隣り合わせ。皆余命0日の中で生きている」と仰っていました。その通りだと思います。ですので、私も後悔しません様に…、風野先生に御礼を申し上げます。葵くん、冬樹くん、真白ちゃんのような心ときめく(私の年齢で“萌える”は可笑しいでしょうし…苦笑(^^ゞ)キャラクターを生み出してくださいまして、ほんとうにありがとうございますsign02たまたま本日、青い鳥文庫さんのHPを見たのですが何とsign03九月に新刊を出されるのですねsign01表紙の冬樹くんがリアル王子様でもうきゅーんとしてしまいました(年甲斐もございませんが…;)。かすみちゃんは妹のような存在なのかしら……、などと、色々想像を膨らませつつ拝読しております。願わくは、真白ちゃんと幸せになって欲しい…、といいますのは母親のような老婆心からだと思います(汗;)。葵くんや輪くん、和真くんもちょこっと顔を覗かせてくれて、彼らのファンとしましては嬉しい限りでございますhappy01

長文になってしまいました。どうかお許しくださいm(__)m
既に暑さが厳しい昨今、何卒ご自愛くださいませ。
それでは、これで失礼致します。

明日香さま
お返事が遅くなって本当にすみません。
「氷の上のプリンセス」ご購読いただきありがとうございます!
9月の新刊がもうとっくに既刊になり、次の巻の刊行(来年2月)も決まりました。
冬樹と真白ちゃんについてですが、「クリスタルエッジ2巻」や「氷プリ4巻」で、真白ちゃんは他に想いを寄せている人がいることを割と名言しておりまして(氷プリ4巻での、かすみの受け取り方は若干思い違いをしているのですが…)、冬樹・真白・葵・輪の4人の中では円満なカップルは1組も出来あがらない構造になっております。そういう面を詳しく描くと爽やかなスポーツ物から外れてしまうので、今後もサラっとしか描かないつもりですが……。ご期待に添えなくてごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520473/63880185

この記事へのトラックバック一覧です: 夢がひとつ消えて…そしてもう一度進みます:

« 久しぶりに救急車に乗りました(付き添いです(^_^;) | トップページ | サイン会(&読書マラソン表彰式)のお知らせ »