2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月

2009年10月19日 (月)

しあわせプロ♪

■フィギュアGP 男子は織田優勝

http://www.afpbb.com/article/sports/winter/figure-skating/2653742/4772472

織田くん、優勝おめでと~♪

フリーのプログラムが、織田くんの個性とめっちゃ合っててすっごい良いね~♪

コミカルだけど上品。観てて「しあわせshine」になれる良プロですな。

去年のプログラムが(個人的に)イマイチ好きになれなくて、特にモロゾフ振り付けのEX「トスカ」が「キャラに合ってないぞ~」と思っていたので、モロゾフ・プロで五輪に赴くのがすっごく不安だったのですが。

いやいや、モロゾフは、やっぱ「さすが」でしたね。去年のあれはきっと、自分が苦手なものも表現できるようにという修行だったのに違いないです。

今年は勝負の年だから、ちゃんと「勝負プロ」を決めて来た。しかも、ノーミスで滑れば観ている人を笑顔に出来るような「しあわせプロ」を。

このまま怪我なくシーズンを過ごして、オリンピックでもみんなをしあわせにして欲しいです♪



対照的に、真央ちゃん陣営はちょっと迷走しているように思えます。

去年の「仮面舞踏会」でいろいろ挑戦してみたんだから、今年は、一番自分の得意なジャンル(の曲、振り付け)でオリンピックに挑むべきだと思うのですが……。

織田くんも22歳で再び「コミカル・可愛い系」で勝負してるんだから、19歳の真央ちゃんが「可愛い・妖精系」なもので勝負したって、なんらおかしくないと思うんだけどなぁ…。真央ちゃんにも、人をしあわせにできるようなプロを滑って欲しいんですよね。

挑戦することは悪いことではないけど、勝負プロは似合ったものにして欲しい。誰か、タラソワに意見してくれないだろうか…coldsweats02

2009年10月13日 (火)

まだ頭の中に音楽が…

0910121_3                     0910122_3  昨日は箕面コンセルト室内合奏団に入って初めてのコンサートでした。
自分のパート弾くのに必死で何がなんだかわからなかったので、全体的な演奏レベルがどうだったのかも自分ではわからないのですが、なんとか無事に乗り切れたような気がします(^_^;)

10日から連日練習があって、11日の日中は臨海リンクまでスケート取材に行ったりもしたので、終わったら体はクタクタでしたが、久しぶりの大掛かりなコンサート出演は、緊張しましたが楽しかったです♪
プロのバイオリン独奏を間近で聴くこともできましたし。

打ち上げでは、やっと団員の皆さんの顔と名前がだいたい一致しました。指揮者の先生ともいろいろお話が出来ましたし、だいぶ雰囲気にも馴染めてきました。(本の宣伝もしたりして(^_^;)

来年は、今年みたいに間際に必死で練習するんじゃなくて、日頃から少しずつ個人練習しておいて、余裕を持ってコンサートに臨みたいです。

今日ホームページを拝見してわかったのですが、作家の沢田俊子さんが遠いところを観に来てくださっていました。本当にありがとうございます。(写真も撮っていただきありがとうございました)
越水利江子さんからは素敵なお花が届いていて、まるでプロの演奏家になったような気分になりました。可愛らしいお花を、どうもありがとうございました。


まだ頭の中で音楽が鳴っているようですが、今日からは創作モードに戻ります。まずはゲラチェックだ!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »