2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 小さな島のちっちゃな学校―野忽那島シーサイド留学物語 | トップページ | アンソロジー2冊 »

2009年2月 3日 (火)

おすすめ本いろいろupしました。

いや、一気に読んだわけではなくて(^_^;)

じわじわと読んでいたのですが、なかなか感想が書けなかった分を、まとめてUPしたのでした。

相変わらず小学生の感想文みたいな文章ですみません。(作家の皆さま、ほんとにごめんなさい)

あ、まだアンソロジー系が幾つか(自作の載ってるの含めて)残ってますので、追々書いていきたいと思ってます。


が、今後は今まで以上におすすめ本のUP数は減ってしまうと思います。

目の具合が良くなくて、左目の視野の真ん中は、ほとんど見えない状態なのです。(もわもわとした薄暗いもので覆われているようで、全く見えません)

両眼視すれば、児童書の大きめの活字のものならなんとか読めますが、文庫本みたいな小さな字だとアウトです。

小さな活字を読むには、メガネをはずして、本を顔から10センチくらいまで近づけて右目だけで読みます。

左目の中心性漿液性脈絡網膜症は悪性ではないのでいつかは治るそうなのですが、主治医の話では半年~1年がかりになるらしいですので、思い切って同人誌「プレアデス」を1年間お休みさせていただくことにしました。

今の状態ではプレアデス本誌も勉強会原稿もまとも読むことができないのです。一文字一文字活字を追っていくので精一杯で、感想や意見を述べることなど到底できそうにありません。

プレアデスの皆さまには本当に申し訳ありませんが、しばらくの間お休みさせてくださいませ。


年末~年明け頃から急激に悪化してきたので、仕事の方も連載物以外はほとんど進んでいない状況です。

昨日また造影剤での眼底精密検査をしてきましたので、何か画期的な治療法ができるような状況ならいいのになぁ…と思っています。

« 小さな島のちっちゃな学校―野忽那島シーサイド留学物語 | トップページ | アンソロジー2冊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しました。

病状を知り、なんと言っていいのか・・・。
風野さんの物語は読みたい。
でも、風野さんの目の状態も気になる。

無責任な応援だけど、待ってるよ~!
いつまでも。

しんちゃんさん、励ましのコメントありがとうございます。
今はなかなか仕事も進まない状況ですが、徐々に良くなるらしいので、仕事も徐々にがんばっていきます。
ネットで某新作が不評(しんちゃんのブログではありません(^_^;)だったので落ち込み気味ですが、がんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520473/43946037

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ本いろいろupしました。:

« 小さな島のちっちゃな学校―野忽那島シーサイド留学物語 | トップページ | アンソロジー2冊 »