2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月21日 (土)

「マジカル・ドロップス」舞台化

アマチュア劇団さんですが、3月に公演があります。

とっても素敵なチラシが届いて、久しぶりに幸せな気分になりました。

皆さまにも幸せのおすそわけをhappy01

090221_212201 ◆公演詳細◆

葛城市市民劇団くすのき 2008年度公演
マジカル・ドロップス

2009年3月29日(日) 開場:PM1時30分 開演:PM2時
会場 葛城市當麻文化会館ホール
(近鉄南大阪線 磐城駅下車徒歩約500m)
入場無料
〒639-2155 葛城市竹内256-9 ℡0745-48-5000

原作:風野潮「マジカル・ドロップス」(光文社刊)
脚本:外輪能隆 荒木美海
演出:外輪能隆
演出補助:土本ひろき
振付:大野美伸
歌唱指導:新良エツ子(兎町十三番地)
主催:葛城市當麻文化会館
協力:エレベーター企画 劇団ム害 光文社 やなせなな 松本裕子


関西圏にお住まいで当日お時間のある方は、ぜひどうぞ♪
(潮も観に行きますので、よろしければご一緒に♪)

2009年2月20日 (金)

私も気をつけよう…

今日届いたメール、宛先アドレスは確かに私のなんだけど、本文の宛名が全く別の作家さん宛てになってましたsad

内容は「一斉送信メール」っぽいので、特に「間違ってましたよ~」と知らせてあげる必要はないよなぁ…と思いつつ、

しばしのご無沙汰を知らせてくださったメールなので、お返事は出すべきだろうな…とは思うのですが

今少し精神的に弱ってて、全く違う宛名で来たメールに、ニコニコと返信するだけの心の余裕がないので

ちょっと心苦しいんですが、いただきっぱなしで無視することになってしまいそうです。

私も、似たような文面のメールを複数の方に出す時がたまにあるので、その時は宛名間違えないように気をつけよう、と思いました。

2009年2月17日 (火)

アンソロジー2冊

◆表題作にしていただいたアンソロジー本がもうすぐ発売です。

Hikaruningen ふしぎファイル5「光るニンゲン」

拙作の他に、金冶直美さん、畑中弘子さん、かねこたかしさん、うちやまともこさん、ささきありさん、中谷詩子さん、上坂和美さん、中西翠さんの作品が収録されています。

表紙・挿絵はサカイノビーさん。表紙・裏表紙のほか、扉や目次ページにも「光るニンゲン」の主人公ヒデくん(こいつは普通の人間です(^_^;)がいるのが、めちゃくちゃ嬉しいです。

ほんとうにあった出来事をもとにして書かれた不思議なお話が、ぎゅっと詰め込まれた1冊です。ぜひ読んでみてください。

◆こちらも楽しい本。

Wasurenbou 「わすれんぼうなコックさん」

わすれんぼう・のんびりや・しんぱいしょう……個性ゆたかな7人のコックさんのおいしいお話。きっとあなたにそっくりなコックさんがみつかります。

潮が書いたのは「夜ふかし」なコックさん。お話は読んでのお楽しみ♪
素敵な挿絵は岡本順さんが描いてくださいました。(それぞれのコックさんの個性に合わせて、画家さんもそれぞれ違う方が描いてくれています)

他の執筆者さんは、朽木祥さん、後藤みわこさん、すとうあさえさん、金冶直美さん、広瀬寿子さん、芝田勝茂さん。

1月発行だったのに、もう2刷目発行という好調シリーズです。既刊の「おひめさま」「おばけ」「魔女」もおもしろそう。続巻も刊行予定です。

発行済みの「変身」シリーズと合わせ、去年は3作アンソロジー原稿を書きました。短いもの&低学年向けは苦手なので、長編3つ書いたくらいの疲労度でしたが、少しでも勉強になってるといいんだけどなぁ。

2009年2月 3日 (火)

おすすめ本いろいろupしました。

いや、一気に読んだわけではなくて(^_^;)

じわじわと読んでいたのですが、なかなか感想が書けなかった分を、まとめてUPしたのでした。

相変わらず小学生の感想文みたいな文章ですみません。(作家の皆さま、ほんとにごめんなさい)

あ、まだアンソロジー系が幾つか(自作の載ってるの含めて)残ってますので、追々書いていきたいと思ってます。


が、今後は今まで以上におすすめ本のUP数は減ってしまうと思います。

目の具合が良くなくて、左目の視野の真ん中は、ほとんど見えない状態なのです。(もわもわとした薄暗いもので覆われているようで、全く見えません)

両眼視すれば、児童書の大きめの活字のものならなんとか読めますが、文庫本みたいな小さな字だとアウトです。

小さな活字を読むには、メガネをはずして、本を顔から10センチくらいまで近づけて右目だけで読みます。

左目の中心性漿液性脈絡網膜症は悪性ではないのでいつかは治るそうなのですが、主治医の話では半年~1年がかりになるらしいですので、思い切って同人誌「プレアデス」を1年間お休みさせていただくことにしました。

今の状態ではプレアデス本誌も勉強会原稿もまとも読むことができないのです。一文字一文字活字を追っていくので精一杯で、感想や意見を述べることなど到底できそうにありません。

プレアデスの皆さまには本当に申し訳ありませんが、しばらくの間お休みさせてくださいませ。


年末~年明け頃から急激に悪化してきたので、仕事の方も連載物以外はほとんど進んでいない状況です。

昨日また造影剤での眼底精密検査をしてきましたので、何か画期的な治療法ができるような状況ならいいのになぁ…と思っています。

小さな島のちっちゃな学校―野忽那島シーサイド留学物語

Tiisanasima 沢田 俊子
汐文社
2009年1月

子供の数が減少し、山村留学ならぬ「シーサイド留学」という制度を取り入れて島の活性化を図った野惣那島(のぐつなじま)。
でも今年でたった一人の小学生が卒業してしまい、シーサイド留学も最後になってしまいました。
今までの留学生たちの体験や、島の歴史とともに生きてきたナガ子おばあさんの話など、シーサイド留学や島の魅力が存分に語られている一冊。
留学生としてやってきた子供たちは、島の暮らしに親しみ、変わっていきます。いや、変わっていくというよりも、本当の自分というものを見つけ出したのかもしれませんね。

■都会の子どもたちが親元を離れて、自然の中で暮らし、学ぶ。そんな「シーサイド留学制度」をもつ野忽那小学校。島の外からやってきた子どもたちと、地元の子どもと大人の温かい交流を描く。

amazon   bk1    7andy     楽天

ひかりの季節に

Hikarino 大谷 美和子/ 中村 悦子
くもん出版
2000年3月

高校の同窓会誌に近況を載せたところ、思わぬ方からメールをいただきました。
児童文学作家の大谷美和子さんが、高校の大先輩だったのです!
不勉強なのでお名前は知っていたのに作品は未読だったのですが、この機会にいろいろ読んでみることにしました。

『ひかりの季節に』は「生きる」ということに正面から向き合った物語です。

いとこの輝の突然死により、生きる意味を見出せなくなってしまったみさき。
心に思ったことは、ぬいぐるみのローバにだけ話しかけます。だってローバは死なないし、いつも見守っていてくれるから。
希望の持てない日常に、同居していた孫の受験でみさきの家に預けられた祖父の存在が、思わぬ影響をもたらします。
グループホームで暮らす清水さんと恋に落ちたおじいちゃんは、「持ち時間がないからこそ、今がたいせつで、大事に生きる」のだとみさきに言います。
小学生ではまだ身近な人の死に直面したことのない子も多いと思いますが、だからこそ、こういう物語を読んで、生と死について考えてみてはどうかな、と思います。

■「愛情とか、友情とか、希望とかが目に見えるか。心の目で見、心の耳で聞かんと聞こえへんものがある」 祖父のことばひとつひとつが、みさきの心にしみていく…。子どもと大人が共有できる新しい児童文学。

amazon   bk1   7andy  楽天

メガネ恋。

Meganekoi 時海 結以/鳴海ゆき
一迅社
2009年1月20日

メガネを媒介にして「眼力」という魔法が使える国、リュネット王国。
ふと思いついた呪文を唱えたアニスの前に、アンティークなメガネが現れ、そのメガネの精霊(超美形)に取り憑かれてしまいます。
絶大な力を持った精霊ディル(記憶を失っている)は、いったい何者なのか? なぜアニスの前に現れたのか?
ナゾは王家の存亡に関わる事件に発展していきます。
登場人物全員(美形率高し)がメガネを掛けているという、mixiの「メガネ男子愛好会コミュ」にも参加している私にとって、パラダイスというべき小説(笑)。
ぜひアニメ化希望。いや、実写化でもいいですねぇ♪
王国の住人たちのメガネに対するこだわりがいちいち笑えます。

■『気に入った。おまえのものになってやろう』
メガネによって魔法力を制御し、あらゆる活動が行われるリュネット王国。メガネの高位精霊を召還したメガネ修理師のアニスは、超絶美形の彼・ディルにとり憑かれ、熱烈に口説かれてしまう。それだけでも大変なのに、謎の美青年・カッシアとともに王国をゆるがす大事件に巻き込まれることになって…!?
国民全員メガネだらけの王国で繰り広げられる、メガネマジック★ラブファンタジー登場!

amazon   bk1   7andy   楽天

時空忍者 おとめ組!

Otomegumi1 越水 利江子/土屋ちさ美
講談社
2009年1月16日

現代の女子小学生3人組が、時空を飛ぶ忍者(飛び忍)の術に巻き込まれて、戦国時代へと飛んでしまいます。
着いた所は安土城近く。信長に滅ぼされた伊賀忍者の仲間になり、囚われていた仲間を助けたり、信長と対面したり、ハラハラドキドキの連続。
最初、伊賀の飛び忍・霧生丸(きりゅうまる)がカッコいい~♪と思いなから読んでたのですが、美形の森乱登場で、コロっと森乱LOVE♪に寝返ってしまった私って…(汗)
森乱が危機を迎えた場面で1巻が終わっているので、続きがめちゃくちゃ気になる~!
読んでるうちに、DeAGOSTINIの「週刊・安土城をつくる」がすんごく作りたくなってしまいました。そんな人、私のほかにもいませんか?

■クラスメイトと安土城址をトレッキング中に、竜胆はいきなり謎の男に刃物をつきつけられてしまう。幽霊が出るってうわさは、本当だった!? 恐いと思いながらも、竜胆は背負い投げで対抗。しかし、対する相手も鮮やかに身をかわし、自らを伊賀忍者だとなのるのだった。忍者おたくの親友・三香は大喜びするが、それも束の間、その後に予想もしなかった展開が彼女たちを待ち受けていた!

amazon   bk1   7andy   楽天

海辺のラビリンス 摩訶不思議ネコ ムスビ(4)

Musubi4池田 美代子/尾谷あさむ
講談社
2008年12月16日

おむすび大好きで魚が苦手な変わったデブ猫、ムスビ。でも実はムスビは天猫(ラキネコ)で、ムスビとであったことで、いつみたちの「太陽(アガリ)遣いの巫女(ウマリ)」としての力が目覚めていきます。
シリーズ4作目。各巻、猫の世界ニキラアイナで、子供たちに魔の手をのばす「冥府(フカ)遣い」たちと戦います。いつもどこかこの世界の古代文明都市風の都市に着きますが、4巻のミノア国・クノッソス宮殿は、ミノタウロス伝説で有名なクレタ島のクノッソス遺跡がモデルなんでしょうね。古代文明好きとしては、毎回、今度はどこへ行くのかも楽しみです。
池田さんの作品は、ナビ・ルナもそうでしたが、美しい自己犠牲に心打たれ、思わず涙してしまうことが多いです。今回もアリネの純粋な心に感動しました。愛読している子供たちも、きっと人を信じられる心の綺麗な人に育ってくれるのではないでしょうか。

■「きみに幸あれ!」と、突然携帯ストラップのおまもりをもらった、玉ちゃん。どうやら、幸運のストラップは、美少女にだけくばられているらしい。ストラップをもらって以来、ようすのおかしな玉ちゃんは、翌日、ついに失踪してしまう。冥府遣いのたくらみを打ち砕き、玉ちゃんを救いに、いつみと莉々とムスビはニキラアイナへと旅立つ!

amazon   bk1   7andy   楽天 

またあえるよね―四年一組ミラクル教室

Mataaeru 服部 千春/高里 むつる
講談社
2008年11月

シリーズ完結巻。
どの巻にも、ほのぼのする話、(小学生が)共感できる話、ほろっと泣ける話、が満載で、ひとりひとりの個性をクラス全員描き切った作者の力量には脱帽です。
小学校中学年の学級文庫には、ぜひシリーズ全巻置いてほしいですね。

■大好きな友だち、大切な家族。ずっといっしょにいられると思っていたのに、思いがけずはなればなれになってしまうこともある。でも、きっと「またあえるよね」。クラスのひとりひとりが主人公になる『四年一組ミラクル教室』も、いよいよシリーズ最終巻。「出会い」と「別れ」の小さなミラクルが、また、くしゃみからはじまります。

amazon   bk1   7andy   楽天 

ワルルルさん

Warururu畑中 弘子/三枝三七子
くもん出版
2008年12月22日

第二次世界大戦中にも阪神淡路大震災にもめげず、たくましく明るく生き抜くワルルルさん。
在日朝鮮人・戦争・震災という重いテーマを、小学五年生の來未の目を通してわかりやすく描かれています。
ワルルルさんが倒壊したお店に何時間も閉じ込められるシーンでは、思わず「がんばれ、がんばれ、ワルルルさん!」と本の中に声援を送っていました。
この本には、本当に作者の思いがぎっしりと詰まっています。
「どんな困難だって、あきらめず前向きに努力すれば、きっと乗り越えていける」という、そんな思いが、読み終わったとき、ひしひしと心にしみこんできます。

ひとつだけ、「ワルルル」という言葉の意味が最後まで読んでもわからず、知りたくてネットで調べて「ガラガラガッシャーン!」という意味だとわかったのですが、敢えて意味は書かれなかったのかもしれませんけれど、やはり子供たちが知りたいと思ったときのために、注釈があってもよかったのでは?と思いました。

■ある日、弟とけんかしてお母さんに怒られた來未は、おばあちゃんの家への家出を決行する。
しかしバスを乗りまちがえてしまい、知らない町へ。
來未はそこで、文字の読み書きができないおばあさんと出会う。このおばあさんは、いったい何者…!?
第二次大戦前に朝鮮から日本へ渡り、戦前戦中の生活苦や阪神・淡路大震災などに遭いながらも、明るくたくましく乗り越えていくおばあさんの物語。

amazon   bk1  楽天  7andy

キジ猫キジとののかの約束

Kiji 竹内 もと代/岡本順
小峰書店
2008年12月

途中までタイムファンタジー(同じ街の過去に行ってしまい過去の子供と出会う)だとばかり思っていたのですが、読み進んでいくうちにどうやらそうではないことがわかります。
ののかの飼っていたキジ猫のキジが、お話の鍵を握っています。
誰もいない町でののかが出会った少女の正体は? おさないころ交わした約束っていったい?
岡本順さんの挿絵がお話の雰囲気にぴったりです。

■不思議な青い光につつまれた古い洋館。ののかが見たものとは、何だったのか?キジとかわした約束とは?おさない日の記憶の底の秘密をめぐる時空をこえた物語。

amazon   bk1   7andy   楽天

きらめいて!ハッピー・ジャズ

Happyjazz竹内 もと代/ 佐竹 美保
国土社
2008年11月

担任のヒロトンに乗せられて、ジャズを演奏するバンドクラブを始めた五年一組。
ジャズなんて全然知らなかったところから、コンサートで本物の拍手をもらえる演奏ができるまで、いろんなことを経験してみんな一丸となっていきます。
元々音楽好きな子はもちろん、音楽に興味のない子にぜひ読んでもらって「演奏するって楽しそう♪」と思ってもらいたい本です。

■「5年1組はジャズバンドを結成して、音楽祭に参加する」 担任のヒロトンがそう宣言したのでみんなは大騒ぎ。ジャズという音楽、そして未知の楽器に挑戦した晴香たちが、音楽祭で「自分に誇りを持って」演奏するまでを描く。

amazon   bk1  7andy  楽天

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »