2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

古道具ほんなら堂 ちょっと不思議あり

Honnara 潮の所属している児童文学創作集団『プレアデス』の若手作家、楠章子さんの2作目単行本です。

読んだ感想をひとことでいうと・・・ほんとにおもしろかった! 

おもしろい、といっても「ワッハッハッ」と笑うようなタイプのおもしろいじゃなくって、

ちょっと怖さもあって、ほんのり不思議でどきどきして、読み終えるとほっとする……

読んでよかったなぁーと思うって意味での「あーおもしろかった」です。

(うう、わかりずらい文章ですみませんcoldsweats02

あと、読み終えて本を閉じるときに、まめだのせっけんの良い香りが、ふわぁ~っと匂ってくるような気がしましたhappy01

かなり前に読了していたのに、なかなかご紹介できずにいてすみませんでした、楠さん。

内容紹介
古道具には不思議な魅力がある?
店主橙花さんの売る道具はいつもがらくたみたい。
でも次々と不思議な事件が起こって・・・・。
懐かしく心温まる物語。

amazon  7andy  bk1  楽天

2008年8月28日 (木)

コスモス 七番目に出会った人

Cosmosこの夏、一番のおススメ本。…といいつつ、夏も終わりの今頃紹介しちゃってすみませんcoldsweats01

「コスモス 二番目に好きなもの」の続編。高校生になったみかげの夏休みのお話です。

みかげの感じる『もどかしさ』にシンクロして、10代の頃の思い出…特にうまくいかなかった恋やドジ踏んじゃったことなんかが、なぜかありありと思い浮かんできたりしました(いえ、みかげがダメダメなことばかりしてるわけじゃないんですけどねcoldsweats01

大人にはピュアな思春期を思い出させてくれるし、今思春期な女の子にはもうドンピシャな物語だと思います。ぜひぜひ読んでみてnote

著者名書くのを忘れてましたsweat01 児童文芸家協会でいつもお世話になってます、光丘真理さんの最新刊です。

内容紹介

夢をかなえるために入学した高校で、希望に燃えていたみかげだが、気の合うともだちもみつからず浮かない日々。京都の高校に進んだ瞬と心を通わす手段は、メールでのやりとりだけ。人間関係も、恋愛も、うまくいかないもどかしい気持ちを携え、みかげは夏休みの間を京都で過ごすため旅だった―。少女の成長と淡い恋の行方を瑞々しく描いた、ピュアな青春ストーリー。

amazon  bk1  楽天  7andy

2008年8月21日 (木)

女子ソフト金メダル!

女子ソフト、やりましたねぇ~sign03

解説の宇津木さんの最後の絶叫を聞いて

思わずもらい泣きしてしまいましたよ~crying



いや~、上野さんサイコーsign03shine

(私が独身やったら嫁に行きたいくらいカッコいいッスsweat01


チーム一丸となっての力も大きいけど

やっぱり支柱になる選手が必要だなぁ、と思いました

3連投って人間業じゃないッスよcoldsweats02

ほんと、お疲れ様でした~&おめでとうsign01shine

2008年8月18日 (月)

いつのまに17点も~

午前中、喫茶店で2時間ほど書いて

帰って来て昼食べながら、星野ジャパン観戦

1時からは高校野球も見ようってんで4チャンと2チャンを行ったり来たり

しかし、対照的な試合だったなぁ…

星野ジャパン、点取れなさ過ぎcoldsweats02

大阪桐蔭、点取り過ぎcoldsweats01

いや、でも、途中までは「いつか常葉菊川打線が目覚めるんじゃ…」と気が気じゃなかったですが

結局、目覚めませんでしたね(カナダ打線もねcoldsweats01

14対0になった辺りで、さすがに「これは決まったかな」と思い、ちょこっと横になって観ていたら、いつのまにか寝てしまってて

気がついたら17対0になってた~coldsweats01

でも(途中寝てたくせに言うのもなんやけど)点差ついてしまったけど、しょーもない試合というわけじゃなかったですよ

…と思うのは大阪人だからでしょうか

大阪桐蔭の皆さんも、常葉菊川の皆さんも、お疲れさまでした

それから、成瀬~、ナイスピッチ~ happy01

辛勝だったけど星野ジャパンも勝ててよかったです shine

見本誌できました

080817_202601 「小さな空」

発売は月末ですけど、もう見本誌できてます。

素敵な装丁で、外見はカンペキですsign03happy01

さて中身は……coldsweats01

2008年8月 4日 (月)

もう予約できるようです

Alittlesky まだ発売まで20日ほどあるのですが、新刊が予約できるようになってるネット書店をみつけました。

オンライン書店ビーケーワン:小さな空

セブンアンドワイ:小さな空

yahoo!ブックス:小さな空

予約ページには画像がないので、表紙画像UPしてみましたが、白地のバックやロゴのタイプ・色などはダミーなので、実物は若干違ってると思います。イラスト部分はこのままだと思いますが。

早く実物が見たいなぁ…happy01

2008年8月 2日 (土)

天顕祭

Tenkensai同人誌即売会によく出ていた頃からのお友達で、拙作「いとしのドリー」の挿絵や「モデラートで行こう♪」連載時の挿絵を描いていただいた白井弓子さんの商業誌単行本「天顕祭」が先月末、発売されました。

2007年文化庁メディア芸術祭マンガ部門で同人誌作品ながら奨励賞を受賞した作品。350ページの分厚い本の中に、白井さんの熱い思いや、長年の努力がぎっしりと詰まっています。読み応え度200%の力作です!!

みなさま、ぜひぜひ読んでみてくださいね。
本に挟んであるアンケートハガキを出した方の中から抽選で5名様に、白井弓子さん直筆イラスト入りサイン色紙が当たるそうです。
みんな、どしどしアンケートを出そう!!

内容紹介
ヤマタノオロチ伝説の息づく未来。50年に1度の秘祭<天顕祭>の日が近づいていた。
咲(さき)は身を隠し、声を潜めてオロチの魔手から必死に逃れようとしていた。
鳶の若頭・真中はそうとは知らず咲を雇い入れる。身の廻りで起こる異変…。
そしてある日、忽然と消える咲…。運命にひきずられるように真中は、やがて天顕祭の
おぞましい秘密に触れる???。
圧倒的独創力と心揺さぶる画筆で描ききった冒険ロマンファンタジー。
運命から逃れる女、運命に立ち向かう男。ふたりの淡く激しい恋が<天顕祭>の宿命を変える!

上橋菜穂子さん絶賛!(帯より)
久々に、熱く濃いもので胸を貫くような漫画に出会った。傑作です。

移動しました

ずっと使っていた「関西どっとコム」がなくなってしまうので、急いでこちらに引っ越して来ました。

ココログの皆様、よろしくお願いします。

…つか、元々niftyのID持ってたしcoldsweats01

最初からココログにしとけばよかったのかも。

前のブログから記事の移行もできるみたいですが、心機一転、この記事からまた始めたいと思います。(あとで過去ログにリンクは貼りたいですが)

なんだかまだ使い勝手がよくわかってませんがcoldsweats01、よろしくお願いします~happy01

トップページ | 2008年9月 »